HOME > 大学支援 > 就職支援

就職支援

就職支援|大学での学びを支援する《社会人基礎力育成・就職支援プログラム》

実践的なプログラムで「社会人基礎力」の育成や教員養成を支援
社会が大学に要請している教育課題のひとつに「社会人基礎力」があります。経済産業省からは具体的に「3つの能力」、「12の能力要素」が提示されましたが、その中には「課題発見力」、「働きかけ力」、「発信力」など、通常の教育活動の中では意識的に育成するのが困難なものも含まれています。また、教員養成においても質的な転換が求められています。代々木ゼミナールの大学支援プログラムでは、代ゼミに蓄積された教育コンテンツを最大限に活かしたサービスを、各大学様の抱える課題に応じてご提供させていただいております。ここでは、その一部を紹介させていただきます。

多種多様な『現代文・小論文』コンテンツ

●就職対策支援/ゼミ所属前に…論理的思考力を高める―「文章作成スキルアップ」講座(通年/短期)―
代ゼミでは貴学の過去の入試問題を分析し、出題傾向に沿った予想問題を作成いたします。この予想問題を活用した「プレ入試」を実施することで、受験生が貴学の入試問題を実体験する絶好の機会とすることができます。もちろん、代ゼミ講師による解説講座も可能です。事前練習に加えて対策指導も行うことで、受験生の貴学受験意欲をさらに高めることができます。

  • ▼教材イメージ(1)
  • ▼教材イメージ(2)
  • ▼教材イメージ(3)

『授業法研究ワンデイ特別セミナー』アーカイブス

●教員養成系の学生へ…採用試験実技対策支援に―「授業スキルアップ」講座(短期)
生徒のやる気と能力を引き出す手法を学ぶ「授業法研究ワンデイ特別セミナー」のアーカイブスをご活用いただけます。
文部科学省の「教員の資質能力の向上に関する提言[中間まとめ]」(2015)において、教員には今後、知識の質や量の改善に加え、「どのように学ぶか」という学びの質や深まりが重要であり、従来の「教えの専門家」から主体的・協働的な学びを導ける「学びの専門家」への転換が必要であるとされています。これと軌を一にして、近年の教員採用試験においても、知識以上に実践的な指導力や自己改善能力が重視されています。教員志望の学生がこのような資質を高めるツールとして本講座を是非ご活用ください。授業を組み立てる際に、導入からまとめまでどのような指導法があるのかについて、代ゼミ講師が実際の授業さながらのモデル授業と解説で解き明かします。「最も実践的で、教壇に近い」と現場教員が評価する本セミナーの豊富なアーカイブスは、授業力の養成に向けた最強の教材となります。