HOME > 高校支援・教員研修 > コンサルティング

コンサルティング

コンサルティング コンサルティング 代ゼミの学校支援コンサルティングは「スモールサイズ、スモールステップ」でのご提案をいたします。 御校の状況に合わせて行いますので、まずはご相談ください。

プロジェクトイメージ

  • 初期ヒアリング 学校を訪問してのヒアリングや提供資料精査等を通じて、学校全体や教科内における問題点・課題などの現況を把握し、プロジェクト全体のプランニングをいたします。
  • 現況理解 生徒による授業評価アンケート(1回目)~授業評価アンケート結果分析報告会 授業評価アンケートと報告会を実施し、先生方個人に加えて教科それぞれの課題や問題点を特定します。次の協議会までに、各教科で改善プランを策定いただきます。
  • 計画立案 教科内連携イメージ作りに向けた協議 各教科で策定いただいた改善プランをもとに、教科間での目標や改善課題を共有することで連携イメージを作り、学校全体の改善に向けた方針を固めます。
  • 授業実践 校内研究授業実施支援Aタイプ①+教員研修プログラム(イベント型)+セミナー参加後の報告会・ワークショップ 改善プランに基づき、強化が必要な科目の授業参観等を通じて改善ポイントの検証を行います。また、教員研修プログラム(イベント型)で指導法や教材研究について学んでいただきます。その結果を共有するワークショップを行うことも有効です。
  • 達成検証 生徒による授業評価アンケート(2回目) 2回目の授業評価アンケートを通じて、課題が改善されているかどうかを検証いたします。同じ環境での評価を比較してこそ、改善行動の効果を測定できます。
  • 計画更新 校内研究授業実施支援Aタイプ② 2回目の授業評価アンケート結果を受けて、実際の授業でどのように改善されたのかを実地検証いたします。検証結果を教科全体において共有することが組織的な授業力向上の基盤となります。
  • 最終報告 年間を通じて行ってきた取り組みを一つの報告書にまとめ、成果品として納品いたします。

生徒による授業評価アンケート、研究授業実施支援タイプ、教員研修プログラム(イベント型)のいずれも、単独でご依頼いただくことができます。
学校支援コンサルティングは、それぞれのサービスに加え、学校の環境や課題に応じた調査や診断あるいは定期訪問(で表示の部分)など、トータルプランとして必要なサービスのご提供を行います。また、ご予算や期間などに応じたサービスのご提供も可能です。