HOME > リーディングスキルテスト

リーディングスキルテスト

リーディングスキルテストとは

「日本語のルールに従って教科書の文章を読むことができない生徒がいるのではないか」という仮説からスタートした「基礎的な読む力」を測るテストです。
教科書などの基本的な文章はもちろん、図やグラフなどからも情報を読み取ることができるのか。
「リーディングスキルテスト」では、文章に書かれている意味を正確にとらえ、新しい知識を身につけるために必要な「骨太の読む力」を科学的に測定・診断します。

新井 紀子(ARAI Noriko) 一般社団法人教育のための科学研究所
代表理事・所長
大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所
社会共有知研究センター長・教授
リーディングスキルテストは、国立情報学研究所を中心とした研究チームが、大学入試を突破する人工知能(Al)の研究を通して開発した、基礎的読解力を測定するためのテストです。
2018年7月末までに約6万5千人を対象として本テストを実施しました。2018年3月時点の調査結果では、中学3年生のうち、推論では65.1%、同義文判定では43.7%、理数系の具体例同定問題では70.7%の生徒がランダム並み、言い換えると「ほとんどできていない可能性が高い」ことがわかリました。
本テストで測る能力値は、高校や大学の偏差値と極めて高い相関(0.80~0.88)があることも新たに発見されました。つまり、基礎的な読解の能力値は進路を大きく左右するのです。
「よく問題を読んでごらん」と指導をしても腑に落ちない顔をしている生徒が相当数いる、と感じている先生や保護者の方は少なくありません。彼らはやる気がないのではなく、教科書を読めていないのかもしれません。そういう生徒を早期に発見し、適切な読解指導をするためには、本テストのような読解力診断テストが不可欠だといえるでしょう。

2020年度 リーディングスキルテスト

実施日 【第1回】2020年6月6日(土) <中止>
【第2回】2020年10月10日(土)
【第3回】2021年2月13日(土)
会場 代々木ゼミナール本部校 代ゼミタワー
東京都渋谷区代々木2-25-7
本部校 代ゼミタワー アクセスはこちら
代々木ゼミナール札幌校
北海道札幌市北区北7条西2-5
札幌校 アクセスはこちら
代々木ゼミナール新潟校
新潟県新潟市中央区弁天1-4-18
新潟校 アクセスはこちら
代々木ゼミナール名古屋校
愛知県名古屋市中村区則武1-5-7
名古屋校 アクセスはこちら
代々木ゼミナール大阪南校
大阪府大阪市浪速区元町1-2-3
大阪南校 アクセスはこちら
代々木ゼミナール福岡校
福岡県福岡市博多区博多駅前4-2-25
福岡校 アクセスはこちら
受付開始日 【第1回】2020年4月6日(月) <中止>
【第2回】2020年8月10日(月)
【第3回】2020年12月13日(日)
受検料 4,400円(税込)
対象 小学6年生~社会人
評価結果返却 受検後2~3週間程度で、評価結果をご登録いただいたご住所あてに郵送します。
形式 CBT
  • ※会場設置のPCまたはタブレット型PCを使用します。
  • ※筆記用具は不要です。
  • ※テストに必要となりますので、郵送された受検票を必ず持参してください。

● 出題分野

分野 診断内容
係り受け解析 文の構造(主語・述語、修飾語・被修飾語の関係など)を把握する
照応解決 代名詞が指す内容を認識する
同義文判定 二つの文を読み比べて、意味が同じかどうかを判定する
推論 既存の知識と新しく得た知識から、論理的に判断する
イメージ同定 文と非言語情報(図表など)を正しく対応づける
具体例同定 辞書 辞書的な定義を用いて新しい語彙とその用法を獲得できる
理数 理数的な定義を理解して、その用法を獲得できる

テスト内容の詳細は、一般社団法人 教育のための科学研究所のホームページにてご確認ください。

● 種別・受検型

  • 《種別》
    ・小学生対象
    ・中学生対象
    ・高校生対象
    ・大学生対象
    ・社会人対象
    ※受検者に対応する種別以外のお申し込みはご遠慮ください。
  • 《受検型》
    A型   9:30~10:30
    B型 11:20~12:20
    C型 13:30~14:30
    D型 15:20~16:20
    ※受検型によるテスト内容の違いはありません。
    ※いずれの種別・受検型も、
     【ガイダンス10分】+【テスト50分】です。
    ※いずれの受検型も入室受付はテスト開始30分前からです。
    ※お申し込み後の型変更はできませんので、ご注意ください。

リーディングスキルテストソリューション講座 -「読解力の処方箋」 RST結果から知る読解の傾向-

読解力を養うために意識すべきこととは……?
読解力はどうすれば涵養できるのか。そんなお悩みを解消する一助となるよう、リーディングスキルテスト(RST)のソリューション講座をご用意しました。代々木ゼミナールのプロ講師が読解力向上のポイントをご提示します。
これまでに蓄積された成績データから、受検結果に見られる能力値分布はいくつかの典型的なタイプに分類されます。本講座では、タイプ別の“読めない”原因を詳しく解説します。弱い分野を正確に認識し、改善へのヒントとしてください。
※本講座は評価結果シート(個人帳票)の見方についての説明を含むため、RST受検後の受講を推奨します。

● 講座内容

lecture① RSTが判定する能力 約22分 RSTで判定する6項目について、それぞれどのような能力を見ているのか、複数の問題例を用いて読みのポイントを詳しく解説します。
lecture② 診断(受検結果から) 約25分 評価結果シート(個人帳票)の見方についてご説明した後、能力値に基づくレーダーチャートから窺えるタイプ別の診断を行い、それぞれどのような読みの傾向があるのかを解説します。
lecture③ 読解力を養うために 約18分 読解力はドリルのような練習問題をたくさん解くことで身に付く能力ではありません。日常生活の中でどのようなことを意識すべきか、身近な例を取り上げ、読解力向上のヒントを提示します。

● 受講方法

リーディングスキルは
先天的なものではありません!!
今からでもあげることができます!!
【担当:船口明講師】

モバサテ
お手持ちのタブレット端末・スマートフォン・PCで映像授業が受講できるサービスです。いつでも、どこでも映像授業を受講できます。
※所定の受講回数制限があります。

● 授業料・申込方法など

期間限定無料公開!(8月末まで)